瞑想

Solitudes【施術音楽 / 瞑想として】

お知らせ

Solitudes(ソリチューズ)

HPを一緒に作って頂いている方のお勧めで、Solitudes Piano Cascadesを施術中に流しています。Solitudesは、ホテルのロビーやスパ、リラクゼーション関係で幅広く使われているとの事なので、聴いた事がある方は多いかもしれません。

Solitudes
カナダの写真家、撮影監督、サウンドレコーダー であるダンギブソンによって作成された音楽のブランドです。(wikipediaより引用)ダンギブソン氏は、自然映画の製作を通して野生生物の音を録音する方法を学び、ソリチューズのほとんどのアルバムには、野生生物、揺れる植生からのノイズ、特定の目的地からの水流などの自然音が流れ、その中に楽器音楽が統合されています。

施術中の音楽は、音に意識がひかれてしまう印象があったので、今までは音楽を流す事はしていませんでしたが、Solitudesは、自分の体や心に意識を向ける「内観」を深めるように感じるので、施術の効果が高まる可能性があります。

当院の施術を受けている方はぜひ、施術中に流れているSolitudesにも耳を傾けてみて下さい。

瞑想としてのSolitudes


自分自身を内観する事と瞑想には深い関りがあります。私の体感として、Solitudes Piano Cascadesを聴く度に「昔から知っているようで、会った事がない自分に出会える」そのような不思議で穏やかな感覚になり、眼を閉じてSolitudesを聴く事が私にとっての一つの瞑想になっています。

Solitudesは、シリーズとして200枚を超えるCDがリリースされているそうです。その全てではありませんが、YouTubeで視聴する事が出来ます。Solitudesには各々テーマがあり、得られる体感がそれぞれで違う事は非常に興味深いです。
瞑想音楽を探している方にSolitudesをお勧めしたいと思います。


☆私のお気に入りはこちらのPiano Cascades

この記事を書いた施術者

 

関屋オステオパシー 代表 
関屋 淳 (sekiya jun)
【施術実績 (累計)】
理学療法士としてリハビリを1万人以上
オステオパシーの施術を2000人以上
案内動画はこちら

おすすめ記事一覧

健康観

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


施術者紹介

関屋淳

2011年より、理学療法士として総合病院に5年間勤務。その後、5年間訪問看護ステーションに勤務し、延べ10000回以上のリハビリを実施しています。その間、オステオパシーの施術を2000回以上実施しています。

『自分と患者さん両方の体と心を豊かに。そして、その豊かさが周囲の人たちに拡がっていくように』そのような施術を目指しています。

⇒ 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

特集記事