健康観

『ミリオンダラー・ベイビー』から学ぶ人生の目的

お知らせ

はじめに

人は何のために生きているのか?
もし自分にとっての人生の目的に気付き、そこに持てる力を注ぐ事ができたなら、結末はどうあろうと「幸せ」な人生なのかもしれない。

アメリカ映画会の巨匠クリント・イーストウッドが製作、監督、主演を演じた「ミリオンダラー・ベイビー」を観て、自分の人生の目的を知った人間の生命力の強さ、とてつもないエネルギーを感じずにはいられませんでした。

2004年に上映された、決して新しい映画ではありませんが、「人生」について多くを教えてくれる、何度も観る価値のある作品です。

「ミリオンダラー・ベイビー」あらすじ

ロサンゼルスにある一つのボクシング・ジムにて。熟練のトレーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)の元にミズーリ州出身のマギー(ヒラリー・スワンク)という1人の女性が指導を求めてジムに入会する。

その時点でマギーは31歳。プロのボクサーとしてキャリアを重ねていくにはあまりに遅すぎると、一度はトレーナー断るフランキーだが、マギーのボクシングに対する情熱を知り、また雑用係のスクラップ(モーガン・フリーマン)に説得され、ついにはトレーナーを引き受ける。

ボクシングを知り尽くしているフランキーの指導の下、ボクサーとして成長したマギーは、次々とライバルを倒していく。そして、ついに階級別の王座まであと一歩という所にまで手が届く。しかし、タイトルマッチの終盤、マギー優勢に試合が進んでいた事に腹を立てた相手のボクサーの反則行為により、頚髄を損傷。全身麻痺になるという過酷な結末が彼女を待っている。

「ミリオンダラー・ベイビー」を観た感想

家族からの愛を受ける事が出来ず、金銭的にも貧しい。家にテレビもない。作中には友人も出てきません。主人公マギーの人生は、一般的に考える幸せや豊かさとはかけ離れていると思います。
マギーが持っていたのは唯一、ボクシングへの情熱と師フランキーとの絆だけ。しかし、ただ愚直に、ボクシングだけに向き合う姿からは「人生の目的を知った者の力強さ」が際立っていました。人生は、思っているよりもずっとシンプルなのかもしれません。他人との比較では決して生まれない、自分と向き合うことだけでしか沸く事のない人間のエネルギーを感じました。

映画の結末は、決してハッピーエンドとは言えません。しかし、たとえどんな結末が待っていようと、マギーの人生は、歩んだ過程は、幸福であったように私の目には映りました。

おわりに

私が「ミリオンダラー・ベイビー」を観たのは今回で2回目になります。初めて観た10年前「貧しい者が夢までも奪い取られてしまう残酷な映画」に思え、悲壮感でいっぱいになった記憶があり、今回とでは感想が全く異なっている事にこの映画の奥深さを感じました。精神的に成熟した時、この映画がどのように映るのか。5年後、10年後に再び観る「ミリオンダラー・ベイビー」を楽しみに、自分自身と向き合う事に注力して過ごしたいと思います。

この記事を書いた施術者

 

関屋オステオパシー 代表 
関屋 淳 (sekiya jun)
【施術実績 (累計)】
理学療法士としてリハビリを1万人以上
オステオパシーの施術を2000人以上
案内動画はこちら

おすすめ記事一覧

健康観

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


施術者紹介

関屋淳

2011年より、理学療法士として総合病院に5年間勤務。その後、5年間訪問看護ステーションに勤務し、延べ10000回以上のリハビリを実施しています。その間、オステオパシーの施術を2000回以上実施しています。

『自分と患者さん両方の体と心を豊かに。そして、その豊かさが周囲の人たちに拡がっていくように』そのような施術を目指しています。

⇒ 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

特集記事