「頭痛」症状の施術実績

[更新日]2022/01/10

  • 施術人数:10人
  • 施術後の経過:10人中、8人は頭痛が大幅に緩和・症状の消失、2人は多少の緩和、1名は施術後の経過を把握できず。
  • 施術事例①:10年前から慢性の頭痛があり、特に仕事における心理的なストレスがかかる時期には強い片頭痛が毎日起こっていた。時には閃輝暗点(せんきあんてん)が伴う場合があり恐怖感を感じていた。施術としては頭蓋硬膜と骨盤部の調整に時間をかけて行った。一回目の施術後「体全体の力が抜けて頭がふわっと軽くなる」感覚があったとの事。5回目の施術後には強い片頭痛は起こらなくなり、その後は仕事のストレスが加わってもたまに軽い頭痛がおきる程度に症状が治まっている。
    ☆頭痛の方は、頭蓋骨ー背骨ー骨盤をつなげている硬膜という膜組織が緊張している場合が多いので頭部だけでなく、背中や骨盤部も硬くなっていて、施術後には「全身が軽く感じる」という体感を感じられる方が多いです。
  • 施術事例②:長年の股関節痛に加えて、最近締め付けられるような頭痛が起きている。左右の股関節と頭蓋骨の調整を行う事で3回目の施術後には股関節の痛みの度合いが9→2に改善。しかし、頭痛に関しては施術後には消失するものの元に戻ってしまう。話を伺うと仕事でパソコンに向かう時間が長くなった時期から頭痛が起こり始めた事が分かった。パソコン画面上でのブルーライトカットの方法を伝え実施して頂く。それと共に、頭蓋骨の調整の割合を増やして施術する事で、緊張性の頭痛が解消に向かった。☆パソコンやスマートフォンに触れている時間が長い方で、頭痛や肩こりが起きている場合、画面のブルーライトと電磁波に対する対策を行うことで症状の改善のために必要になる場合があります。
  • 受けた方の感想①
  • 受けた方の感想②